『おすすめ!全国対応』債務整理に強い&費用が安い弁護士・司法書士事務所

rank_top

下記では、全国対応している債務整理に強く費用の安い弁護士や司法書士を紹介しています。自宅から遠い場所でも対応してくれますので、困っている方は相談してみましょう。

 無料匿名相談!債務整理シミュレーター
債務整理に強く費用が安い全国対応している弁護士・司法書士が見つかる!

《弁護士選びに迷ったら使ってください》

街角法律相談所(債務整理の弁護士紹介・全国対応)

街角法律相談所(債務整理弁護士紹介・全国対応)※解決事例が15,000件以上の借金解決ツール!!

自分の借金がどのくらい減るのか?簡単な3つの質問に答えるだけで自宅にいながらわかるのが街角法律相談所の借金シミュレーターです。匿名でいくつもの弁護士事務所のアドバイスを受けたり、費用の安い弁護士・司法書士事務所を探すことができます。どこの事務所の相談になっても完全に診断・相談の費用が無料!納得した上で弁護士を選ぶことができます。

全国対応で24時間365日、休みなしで債務整理の診断、相談を受け付けています。登録弁護士多数!法律家選びに迷ったらココ!!

 《債務整理に強い(特化した)弁護士ランキング・全国対応》

エストリーガルオフィス司法書士

1件でも任意整理

1件から任意整理OK!依頼を断りません※法定金利内でも失業中でも受けます

エストリーガルオフィス司法書士なら債権者(金融会社)1件から任意整理を受け付けています。断りません!!地域は大阪を含む近県となりますが、評判もすこぶる良く、任意整理を速やかに処理してくれるおすすめの司法書士です。

また、現在失業をしている方でも、先行き収入が確保できる見込みのある場合はよろこんで任意整理を受任してくれます。

リヴラ総合法律事務所(新名称:Duelパートナー法律事務所)

リヴラ総合法律事務所(借金お助けナビ)※債務整理(全国対応)で利用者が最も多い

各種メディアで大きく取り上げられているのがリヴラ法律事務所(借金お助けナビ)新名称はDuelパートナー法律事務所です。人気の理由は債務整理の実績(解決力が高い)で、手数料もお手頃なことから費用を安くすることも可能なので、この事務所を選ぶ債務者が増えています。もちろん債務整理は全国対応なので遠方の方もお受けしています。

特に若い世代20歳代や30歳代の方の利用が多く、中には結婚前に作った借金で離婚しなければならないようなケースの解決実績も多数あります。

ベリーベスト法律事務所(全国対応)

年中無休24時間体制で債務整理(全国対応)で相談受付!※いつでもどこでも何度でも相談料は完全無料

7分に1件の債務整理相談を受け付けているベリーベスト法律事務所。全国22の拠点にオフィスを持ち全国対応、総勢300名以上の弁護士が法律相談にのっています。債務整理をする多くの人が誰にも気づかれずにいたいもの!そのためベリーベスト法律事務所では債務整理の相談を夜中(深夜)でも話を聞けるように、24時間全力で対応中です。

また、債務整理の相談料は何回でも料金を頂戴することなく完全無料となっています。また、過払い金の返還請求も得意としており、引き直し計算で債務整理せずにお金が戻ってくるケースにも即行で対応してくれます。

弁護士法人サルート(Salute)

弁護士法人サルート※家族に内緒の借金もお任せ!

サルート法律事務所の特徴は、なんといっても「迅速対応・迅速解決」です。相談料、初期費用が無料で、債務整理をしたいけどお金がないという方に特におすすめします。

着手金が若干他の法律事務所より高めに設定されていますが、相談を何度でも無料でできたり、資産状況を元にした解決策の提示まで無料でやってくれます。(←他は有料の場合が多い)

ふづき法律事務所

ふづき法律事務所※ショッピングなどのクレジットカード問題も

最近ではネットショッピングなどで商品を購入する比率が増えてきて、支払いにクレジットカードを使っていたら支払えなくなってしまった!こんな方が増えています。

ふづき法律事務所はこんな主婦や若い女性、ネットやスマホを駆使できる中高年と幅広い層の方が相談に来られるケースが増えています。とても人当たりのよい弁護士さんで、親身な応対が利用者の満足度も高いようです。

おしなり法律事務所(全国対応)

おしなり法律事務所※匿名でのご相談もOKです!費用の分割もOK

債務整理の相談は通常匿名では受け付けないところが多い中、おしなり法律事務所では「完全匿名」で借金整理の相談に乗ってくれます。もちろん債務整理全般は全国対応で受付しています。

また、債務整理だけでなく過払い金返還請求にも長けているので、任意整理前に「自分は利息を多く払いすぎているかも?」と思われる方は、おしなり法律事務所が特におすすめの法律事務所になります。

岡田法律事務所(債務整理全国対応)

岡田法律事務所※借金取り立て問題を解決するなら

「も~毎日、債権者(消費者金融など)からの返済金取り立てが続いて精神的におかしくなりそうだ!」そんな悩みがある方は岡田法律事務所にご相談ください。どこにお住いの方でも全国対応しています。

弁護士の受任通知を債権者に送付することで借金最速は止めることができます。依頼者のプライバシー保護にも力を入れているので、家族や近所の人、会社の仲間などに任意整理の事実が判明する心配がないのも特徴のひとつです。

《任意整理が可能な司法書士・全国対応》

新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所※特に大阪近辺の方にはおすすめ

弁護士、司法書士といえばお堅い感じで取っ付きづらいイメージがありますが、この事務所は”なにわのおっちゃん”のように親しみやすく、着手にかかる費用がなんと0円と驚くような料金設定となっています。

1件あたりの債務が140万円を超過していなければ何件でも対応してくれ、着手金が無料なので、任意整理に特化していえば非常に費用が安い債務整理ができちゃいます。

全国対応で債務整理を扱う法律事務所のメリット

法律事務所個人運営と法人に分けられます。

個人経営の法律事務所はお店にたとえれば1店舗のみしか認められませんが、法人化することで全国の各地域に支店を持つことができるのです。

全国対応で債務整理を受任する弁護士事務所や司法書士事務所のメリットですが、全国から依頼される債務整理を数多こなしている経験上、裁判所の癖を知り尽くしているところにあります。裁判所は地域ごとに債務整理の判定が異なり、任意整理を除く個人再生や自己破産では、「おなじような状態で、あそこの裁判所では認められた、認められない」など、判定が異なる場合があるからです。全国対応で債務整理を解決してきた法律事務所なら、「この裁判所はこういうふうにやったほうがスムーズにいく」ということを熟知していますので、個人で債務整理を行っているところよりは結果の面でよい成果を得る可能性がグンと高まります。

また、任意整理の場合も同じですが、任意整理はおもに各地の消費者金融と交渉をすることになるので、任意整理に応じる消費者金融と拒否するところを把握しておく必要があります。

個人経営の場合は受任する件数も少ないですし、その範囲も狭くなります。すると「この消費者金融ははじめて交渉するな~?」ということになり、相手が応じるか拒否するかもわからない状態で交渉にあたることにあります。拒否された場合、任意整理の場合は貸金返還訴訟などを逆にされて、最悪の場合、全額一括返済を求められる場合もあるのです。

なので、債務整理を依頼するなら全国対応のところを選ぶのが賢い選択となるのです。

債務整理を弁護士や司法書士に頼むメリット

債務整理をお考えの方は、どのようにして債務整理を進めていけばいいかわかりませんよね。法律のことは一般人にはむずかしい・・・債務整理の方法がわからないなら、やはり債務整理に強い弁護士や司法書士などの専門家にお願いするのが一番ですしメリットが多い。

一般の人には解決できない事でも、債務整理に特化している専門家なら解決できることも多いです!借金問題は間違った行動や方法をしてしまうと逆にうまくいかなくなってしまう事もありますので、債務整理に強い弁護士などに相談してみましょう。相談ならほとんどの場合無料で受け付けてくれます。

弁護士などに債務整理の相談をすればわかると思いますが、一般の人との知識や解決方法の差が断然違います!相談の費用は無料の場合がほとんどなので何か所か相談してみて解決の道が見えてきましたら、実際に債務整理の依頼してみてください。自分でやるより良い方向に向かうはずです。

債務整理の方法で借金問題に強いのは弁護士?それとも司法書士?

弁護士か?司法書士か?債務整理の時はどちらを選べばいいのか?

債務整理をする段階になって、代理人には弁護士と司法書士の2つの選択肢があることに気づくでしょう。

この違いはどこになり、自分のケースの場合どちらの方法がいいのかわからないと思います。簡単に理解できるようご説明しましょう。

まず、次のことを念頭に置いてください。

負債が大きくなる「自己破産」、または、債権者との交渉が複雑な「民事個人再生」この2つのケースの場合には”弁護士”を使ってください。

任意整理などの場合には”司法書士”がおすすめの場合があります。

なぜこの区別がなされるかと申しますと、

・弁護士→法律上、依頼者の代理人として裁判官の面接があった場合に代理回答ができる。自己破産や個人再生の裁判所への申し立てをやってもらえる。(※ある意味任せきりができるが、司法書士に比べて若干手数料が高めの場合が多い。
・司法書士→書類作成代理人としては参加できるが、裁判官との面接などがある場合列席できない。裁判所への申し立てなどは債務者本人が直接行わなければならない。(※自分でやることが多くなる(裁判所に出向く)が弁護士に比べて費用が安い。ですが、任意整理の場合は解決までのスピードが迅速化されるケースがある。

司法書士を利用する場合の注意点ですが、債権者1社の負債対応額が140万円を超えてはならないという決まりがあるため、1社の負債が150万円あるという場合には対応してもらえないことになります。たとえば3社を相手に債務整理(この場合任意整理)をする場合、3社とも140万円を超えなければ全対応してもらえます。

また、金利の引き直し計算をしたら150万円あった借金が105万円になったというような場合は、対応してもらえます。