過払い金返還請求のつまみ食いの禁止とは

過払い金返還請求のつまみ食いの禁止

過払い金返還請求のつまみ食いとはなんでしょうか?

過払い金返還請求をする場合、依頼者が現時点で借金を完済している事案、または現在の収入で返済は問題なく継続できるが、長期に渡って利用しているので過払い金を取り戻したというような場合を除き、他に整理に価する借金があるにもかかわらず、弁護士が過払い金返還請求のみの受任は原則禁止とされているのです。

なぜ過払い金返還請求のつまみ食いが禁止されたのか?

債務整理と過払い金返還請求を弁護士が別々に受任してもいいと思うんだけど、なぜ原則禁止とされたのかな?
それはね!過払い金返還請求を依頼する人の中には、その後、任意整理、個人再生、自己破産をしなければいけないと分かっている人がいるんだよ。

先にも話したように現在借金は完済済みで、他のどこにも迷惑をかけない状態なら過払い金返還請求だけでも問題ないんだけど、弁護士が受任した時点で実は債務整理をしなければならなかったという人が多いんだよね。

だから弁護士は、過払い金返還請求の受任前に依頼者から現在の債務の状況と合わせて話を聞かなければいけないんだ

えっ?過払い金返還請求を受けたあとで債務整理をしちゃマズいことでもあるのかな?

だってもともと別の事案でしょ?

いいやそれが大有りなんだよ。

たとえば過払い金返還請求で還ってきたお金を使ってしまい、そのあとに債務整理をしたとき、個人再生なら借金の圧縮ができても過払い金があった事実はバレるから弁済金額が大きくなるし、自己破産の場合は過払い金が破産管財団体管理下に置かれるはずなのに使ってしまって今はありませんとなると、債権者の利益を損失させてとみられて最悪免責許可が出なくて自己破産もできなくなる地獄のような状態になるからなんだよ。

だから弁護士は依頼者(債務者)と債権者の両方のことを考えて、過払い金返還請求のつまみ食いは原則禁止とされてるんだ。

でもね、過払い金返還請求のつまみ食いは原則禁止です!!って騒がれるくらいだから、弁護士さんは相当儲かるのかな?

これが儲かるんだよね!

そもそも過払い金の返還請求をする依頼者が弁護士に頼むのは任意整理が多いんだ。貸金業法で定められた出資法と利息制限法で問題になっていたグレーゾーン金利の禁止が発表されてからまもなく10年!あと2年ほどで過払い金の返還請求ができなくなるから、各弁護士事務所もかき入れ時とみてテレビCMなどバンバン出しているでしょ。

任意整理を過払い金返還請求を同時にやった場合、たとえば5社の借りているとすると、1社当たり平均着手金が3万円として15万円。ぷらす任意整理で金利がカット(減額)できた分の10%前後が成功報酬として入る。それに過払い金は取り返せた金額の30%前後が報酬となる。

だったら両方やってあげればいいじゃんね~。そんなに儲かるならさ~。

ただ、過払い金返還請求のつまみ食いをする弁護士は、任意整理となると相手の債権者に金利の減額やカットなどを納得してもらわないとならないから面倒なんだよね。でも過払い金のみならこちらの方が法律的に強みがあるから、依頼者に債務整理をするような借金が残っていると知っていても過払い金返還請求のつまみ食いをしちゃうというわけなんだ。

言葉は悪いかもしれないけど、ヤクザのような弁護士も実際いるんだよね~笑っちゃうけど。

ま~過払い金請求も弁護士選びが重要だということなんだよね。