過払い金請求できる消費者金融はどこ?

過払い金引き直し計算方法

過払い金を請求したいが自分が借りている消費者金融は対応しているだろうか?倒産などして過払い金を請求できなくなっているのでは?と心配されている方に、まだ過払い金請求ができる消費者金融の一覧と、過払い金について知っておきたい基礎知識をお伝えしていきます。

過払い金が発生の可能性がある消費者金融一覧とグレーゾーン金利

過払い金が発生している消費者金融は、2009年以前に借りている場合はその可能性があります。

過払い金が発生する理由ですが、まず次の表を見てください。

貸付額 利息制限法の金利 出資法の金利
10万円未満 20.0% 29.0%
100万円未満 18.0% 同上
100万円以上 15.0% 同上

平成22年6月17日以前は、利息制限法で定められた金利を超えても、出資法に定める上限金利内であれば利息を取ってもよいことになっていて二つの法律が同時に存在するおかしな状態になっていました。

この利息制限法と出資法の間の金利ゾーンを通称グレーゾーン金利帯と呼んでいたのです。

しかし、平成22年6月17日以後は利息制限法で定められた金利以外はとれなくなり、たとえば「○○金融29.0%で融資」を受けていた場合は11%も多く利息を支払っていたことになり、その分を過払い金請求で取り戻せることになったのです。

ただし、過払い金請求は完済、未完済含め最初に借りてから10年間と期間が定められており、この年数を超えて請求をすることはできません。

概ね、各消費者金融は平成22年6月17日以降は利息制限法の合わせた金利設定にしているため、現在平成30年ですから、過払い金を請求できる期間は長くてあと2年ということになります。請求する方は急ぎましょうね。

なぜ急ぐかといいますと、弁護士や司法書士に依頼して消費者金融に過払い金を請求しても、早くて6ヵ月ほど貸付明細書の確認などに時間がかかるため、のんびりしていると返還請求できる期限を超えてしまうからです。

さて、過払い金請求ができる消費者金融ですが、わかっているだけで以下の業者があります。ただ、国内すべての業者を記載することはできませんので、詳細は過払い金返還請求を依頼する法律事務所に確認してもらってください。ここでは参考までにということで記載します。

消費者金業者名 貸金業登録番号
株式会社セントラル 四国財務局長(7)第00083号
アイフル株式会社 近畿財務局(12)第00218号
株式会社K・ライズホールディングス 高知県知事(1) 第01519号
アコム株式会社 関東財務局(12)第00022号
プロミスSMBCコンシューマーファイナンス株式会社 関東財務局長(12)第00615号
以下の業者は法律事務所に要確認
イオンクレジットサービス
アプラス
エイワ
アペンタクル(ワイド)
いつも
ほくせんカード
ジャックスカード
アメリカンエキスプレスカード
三井住友VISAカード
エヌシーキャピタル
オリエントコープレーション
新洋信販
富士クレジット
いつも
ライフカード
レイク
セディナ
トラスティ
ユアーズ
シティカード
エポスカード
ポケットバンク
JCBカード
ギルド
クロスシード
キャネット
USCカード
ゼロファースト
カレッジ
ステップオン
オリックス
ソニーカード

過払い金の引き直し計算方法(簡易版)

ほんらい過払い金の引き直し計算は、借りた期間の毎月の返済額や再借入れなどにより複雑になりますので、正確な数値を出す場合は弁護士、または司法書士に依頼してください。

ここでは大雑把に簡易的にそのイメージを掴むために引き直し計算してみます。

利息の計算方法は・・

借りた元金×金利÷365日×借りた日数

これに当てはめれば、たとえば4社から29.0%で50万円ずつ借りて期間を1年間とした場合・・

500,000円×0.29÷365×365=145,000円

今度は利息制限法いっぱいの18.0%で計算し直してみると・・

500,000円×-0.18÷365×365=90,000円

なんと1社だけで55,000円ですから4社で220,000円の過払い金発生

これにこれは1年間ですから×年数と考えれば引き直し計算で多くの過払い金がでることが容易に予想できます。

ですが、実際は毎月返済をしたりまた借りたり、返済、また借りるを繰り返すことが予想されますので、あくまでもこの引き直し計算は大枠でこんなイメージというとらえ方をしてください。

正式には弁護士、司法書士に計算を依頼してくださいね。

債務整理全国対応弁護士

過払い金請求をすると消費者金融で借りていたことが家族にバレる?

過払い金家族にバレる

いままで何年間か、家族に知られずに消費者金融で借りたお金を返して完済したが、過払い金を請求すると弁護士や司法書士からも連絡がくるし、相手の消費者金融からも連絡が来るから家族にバレてしまうかな?

この場合はバレる可能性はあります。弁護士、司法書士とのやり取りは携帯電話で連絡ができるので問題ありませんが、消費者金融はいざ過払い金を請求されるとなると、家族にバレるバレないは関係なく自宅に連絡が来たり、書類を送付してくる場合があります。

ですから、過払い金請求をする場合には家族にバレることがあるということは認識しておきましょう。

債務整理中と後のデメリット|ローン組める?ブラックリスト掲載期間など詳しく

完済していないが過払い金請求はできる?そのデメリットは!

過払い金請求は、現在返済中で完済していなくても当然できます。

ただ、注意する点として、”過払い金が出てそれを全額返済にあてても、まだ借り入れ残高が1円でも残る場合”は、個人信用情報期間に掲載され、通称ブラックリストという扱いになります。

出た過払い金で返済したら完全完済できる場合は個人信用情報機関にには掲載されず、ブラックリストにも載りません。

【一例】

A/B/C/Dの4社の消費者金融に過払い金を請求し、A~C社は残高より過払い金の方が多く完済できた。

ところがD社に限っては、過払い金の総額よりも残高のほうが多くて、全額返済しても3万円残高が出てしまった場合、過払い金は返還されますが、ブラックリストに掲載されてしまいます 

したがって、ここで重要になるのは、闇雲に全社に請求するのではなく、弁護士、司法書士と相談して正確な引き直し計算を行い、過払い金を用いて完全に返済が終わる消費者金融のみ返還請求をするべきなのです

このときに大事になるのがATMで貸し借りを証明する明細書です。これがすべて残っていれば引き直し計算もラクで、過払い金返還請求もスムーズに進みますが、明細書の不備を理由に返還までの期間を先延ばしするずるい消費者金融もありますからね。

債務整理全国対応弁護士