貸金業者が任意整理で金利を帳消しにしてくれる理由

毎月の貸金業者への返済が元金がやっとで金利まではとても返済できないというあなた!

貸金業者は任意整理で話を持ち込めば、だいたい「元金だけしっかり返済してくれれば金利はカットしますよ」となるの知ってましたか?

では、あれだけ未返済金の回収を強引に進めている消費者金融などが、金利をチャラにする理由はどこにあるのでしょうか?

〇貸金業者は自己破産を本当に恐れる

貸金業社は、借主に支払い能力がある、または返済の意思があると見込むうちは徹底的に金利も含めた全額返済を求めてきます。

ところが、どんなに返済をしようという意思はあっても、仕事をクビになったり、給料が減ったりしたために返済ができなくなってしまう場合があります。

もちろん最初はだれも債務整理などは考えていませんが、”早く返せ!家まで行くぞ!”など、借主が恐怖を感じるような取り立てを行っていると、最終的には自己破産手続きを取られてしまう場合があります。

借主に自己破産手続きをされてしまうことを何故貸金業者は恐れるのかな?
それはねっ、自己破産をすると借金の免責っていう法律があって、この免責許可を裁判所が決定すると、貸金業者が貸していたお金を借主は返さなくてよくなるからよ。だから、貸金業者も自己破産されて貸したお金が帰ってこないとマズいから、任意整理っていう法律の引き直し計算などをして金利を削減してくれるのよ。
へー!それじゃ、どっちに転んでも貸金業者は大きな損だね。
もちろん自己破産の場合、転売して大きなお金になるような財産を持っていればそれが返済に当てられるけど、貸金業者でカードローンの返済ができなくなる人は、そういう財産を持っていない場合が多いからね。貸金業者としては自己破産を避けたいわけよ。
じゃあさ~、カードローンなんかの返済ができなくなったら、みんな自己破産しちゃえば返済が免除されるんだからラクでいいね。
でもね、自己破産をすると最長で10年くらい通常の金融サービスを受けられなくなるデメリットがあるから、金利がチャラになったり削減された人は任意整理で貸金業者と交渉する人が多いの。
なら貸金業者への毎月の返済額が支払えなくなったら、すぐ自分で業者に駆け込んで任意整理の交渉をすればいいわけか。
ところがね、貸金業者も金融のプロ!できれば任意整理も自己破産もしないで元金、金利とも全回収したいわけよ。

もちろんそのカードローンや融資に、親や兄弟が連帯法証人になっていれば支払い義務はそっちに請求がいくけど、たいてい少額融資の場合は保証人は付けないでしょ。

でも、貸金業者はなんとしても回収したいから、「親御さんやご兄弟の方に支払ってもらえばいいんじゃないの」みたいな言い方で迫ってくるのよ。もちろん保証人になっていない人に対して強制的に返済を迫ることはできないけど、借主が「そうか、親に払ってもらおうか」と納得しちゃった場合はね。

んっ?自分で貸金業者と任意整理の交渉をすると、「やっぱり全額支払いましょうねっ」みたいに丸め込まれるってこと?
そうそう、相手が法律を知らないからと足元を見られるわけよ。だから貸金業者と任意整理交渉をする場合には、間に債務整理に強い弁護士さんや司法書士さんに入ってもらって、プロに交渉をしてもらうというわけ。

弁護士や司法書士なら、不慣れな素人には難しい、借金の減額や棒引き、返済猶予、返済期間の延長なども問題なくやってくれるのよ。

だから貸金業者は任意整理で金利を帳消しにしてくれたりするんだね。
理解できたわねっ。

最後に重要なことを教えておくわね。

任意整理で貸金業者と交渉する場合、本人以外では友人や家族でも交渉はできるのよ。

それに、個人で交渉している場合は、交渉中も取り立ては止まらないんだけど、弁護士が間に入ると取り立てが止まることがほとんどよ精神的にもストレスが軽減できるから、任意整理の場合は弁護士や司法書士に頼みましょうね。

※対象となっている金額によっては、司法書士が借主の代理人として交渉できない場合があります。