私が自己破産手続き前、または後に家族が消費者金融で借金したら、私の免責許可決定は認められないの?

自己破産取り立て禁止

当人が自己破産の手続きを申請をする前と後のどちらかの機関に、その家族が消費者金融カードローンや銀行カードローンなどで借金をした場合、当人(私)の免責許可は裁判所に却下(認めてもらえない)されてしまうのか?今回はこの件についてみていきましょう。

例として、私が自己破産手続きをする予定で、あなた(家族として)が私が自己破産手続き前か後にカードローンで借金をしたことが裁判所や債権者に分かった場合、そのことによって私の免責許可決定(借金をチャラにすること)が認められるかどうか?といいうことなんだけど、この場合はどうなるんだろねっ。

基本的に自己破産は私(当人)の借金についての手続きだから、自己破産手続き申請中前、後に関係なく、その間に家族(親、夫、妻、子供)が借金を作っても問題ないよ。もちろん自己破産の当該人の保証人になっていたら別だけどね。

そこまではわかった。要するに、私の自己破産と家族の金融状態は別個というわけね。

だから家族が自分の裁量で高価なものを買おうが外食しようがカードローンで借金しても、私の自己破産の免責許可決定には悪影響はないということね。

そうそう!

それから重要なことを覚えておくといいよ。

債権者(お金を貸した側)によっては、当人の自己破産手続き開始決定を知りつつも、その後、「親に借金を肩代わりしてもらったら?」とか、「旦那は結構稼ぎがあるんだから、分割でもいいから返してよ」なんて、他の家族に借金の肩代わりを迫ってくる人もいるのね。でも、自己破産手続き開始決定後は裁判所が間に入るわけで、借金の免責許可決定が出るまでの間も個別に借金返済の打診や請求をしてはいけないんだ。

でも、ほとんどの例で自己破産手続き開始決定が債権者に通告されると、借金の請求や督促は止まるんだよ。

だから答えとしては、自己破産手続き申請をする人以外は、たとえ夫で婚姻関係で戸籍上家族となっていても、借金返済の義務は一切ないんだよ