債務整理屋・企業整理屋・闇金紹介屋を使う前に

整理屋、紹介屋

債務を抱えた人に忍び寄る債務整理屋企業整理屋闇金紹介屋弁護士紹介屋をご存知ですか?

多重債務に陥った人、借金が嵩んで会社が倒産しそうな社長などを狙い、週刊誌、アダルト雑誌、スポーツ新聞、街頭広告などで債務を整理します!ブラックでも借りられる金融業者を紹介しますと甘い言葉で近づいてくる業者がいるのです。

これを称して整理屋とか紹介屋と呼ばれています。

今回はこれら整理屋とか紹介屋について詳しく解説してゆきます。

債務整理はいくら?弁護士費用の一括見積り|匿名無料相談を受付中

債務の整理屋とは詐欺集団?

整理屋とは、債務整理を弁護士や司法書士の半分の費用で請け負います。又は弁護士費用の三分の一でやりますと依頼者取り込んで、その挙句に費用を前払いさせて債務の整理もせずに雲隠れする業者のことを言います。

例として、「弁護士に頼むとあなたの債務は全部で50万円くらい費用がかかりますね~。うちならその半分の25万円で借金を整理してあげますよ。ですが格安でやるので費用は前払いをお願いしているんです。

このように言葉巧みに依頼者に格安で債務整理ができると思い込ませ。なんのことはなしでそのお金を持ったまま行方をくらましてしまうんです。もちろん足がつかないように違法携帯を何台も用意しています。

当然、これらの業者は弁護士資格や司法書士資格がなく、逆に法律を頭に入れているのでいかにも依頼者が信用するように、受任、着手金、免責・・など、依頼者が初めて聞くような法律用語を使ってきます。

詐欺集団であることは間違いありませんし、オレオレ詐欺となんら変わりはありませんから絶対に使わないようにしましょう。絶対です!!

整理屋プラス紹介屋が混合するケースも

このケースは、まず整理屋が依頼者に近づいて弁護士を紹介し、整理屋は紹介料、弁護士は債務整理費用を取る二重のカラクリが仕込まれているものです。

整理屋は悪徳弁護士と手を組んで、たとえば弁護士紹介料として20万円を依頼者から取り、紹介先の弁護士は債務整理費用を取るという、依頼者からすれば現在借金で苦しんでいるのにさらに法外な費用を取られるまさに地獄のような状態になります。

さらに恐ろしいのは整理屋と手を組むような弁護士は悪徳弁護士が多く、たとえば・・

〇〇さん、私も弁護士として相手の債権者に借金の減額ができないかトコトン交渉しましたが、どうしても相手が減額に応じてくれないんですよ。私の力不足で申し訳ありませんが、今回の債務整理は失敗でした

というような感じになるパターンが非常に多い。ところが裏では、本来少しでも依頼者の利益になるように尽力すべきところを、ちゃんとした交渉もせずに債権者の言いなりになる弁護士が多いんです。

すると依頼者は、紹介屋(整理屋が紹介屋に化けたもの)に20万円、プラス、弁護士に着手金の支払い、債権者にはいままでと同じ借金の返済が残ります。

ここで留意していただきたいことは、着手金は債務整理が成功しても不調に終わっても弁護士が手にすることができる費用だということです。

整理屋の過払い金持ち逃げに注意

整理屋は債務整理だけでなく、消費者金融の過払い金返還請求もやる場合があり、多くは返還された過払い金全額を持ち逃げするケースも増えています。

もちろんここでも言葉巧みに依頼者を騙し、「弁護士に頼むと30近く成功報酬を取られるが、俺たちなら15%でやってあげるよ」と、依頼者の負担が少なくなることをウリにして近寄ってきます。

これらの悪徳業者は中小の消費者金融とつるんでいることがあり、債務者情報を入手してる場合があるということです。ただすべての消費者金融がこれらのことに手を染めているわけではなく、極一部の悪い業者がいるということです。

闇金紹介屋は間違っても手を出すな!!

借金に苦しんだ経験を持つ方ならご存知だと思いますが、多重債務や返済遅れ、未払いなどを続けているとブラックリストに掲載され、その情報が貸金業者に共有されて新たな借り入れができなくなることがあります。

でもお金を借りたい、今日必要なんだという人には、「ブラックでもラクラク借りられるよ!俺たちなら業者知ってるから紹介しようか?」とすり寄ってくる金貸し紹介屋が存在します。

もちろんその貸金業者というのは闇金です。

この場合、闇金で借りられた金額の〇〇%を紹介料として請求してきます。もちろん紹介屋と闇金は裏でつながっています。または紹介屋自体が闇金というダブルスタンダードの業者も存在しています。

怖いのは、たとえば紹介料として30%を要求され、闇金で借りられたお金が15万円の場合、その時点で4万5千円が紹介屋に取られて残り10万5千円。そしてこの金額から手数料だなんだかんだで数万円差し引かれ、実際に使えるお金はほとんどないという状態になります。

さらに翌月には、金融法で定められた金利を大きく上回る利息を請求され、窮地を逃れようとしたのにさらに大きな窮地に立たされることになってしまいます。

お金に困ってなんとかその状態を抜け出す場合には、正規の弁護士、または司法書士に債務の整理を頼むのが一番確実で安心です。

『おすすめ!全国対応』債務整理に強い&費用が安い弁護士・司法書士事務所