債務整理したらクレジットカードは作れない?考え方を変えればカードを持てるかも

任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理をすると、借金の返済負担が軽くなったり、免除されたりなどのメリットがある反面、当然デメリットも少なからずあります。その中でもクレジットカードを一定期間作れなくなるのは、かなり痛いのではないでしょうか。

ここでは、債務整理をした場合に背負うことになるデメリットや債務整理をした後でもクレジットカード等を作ることが可能かどうか考察してみたいと思います。

債務整理をすると個人信用情報機関にその事実が登録される

債務整理が行なわれるとその事実は個人信用情報機関に必ず登録されることになっています。個人信用情報機関の登録情報をもとに、各金融機関やクレジットカード会社などは個人の与信状況(信用の程度)を参照して、クレジットカードの発行の可否やローンの貸出の判断を行っています。

この信用情報を見れば、過去数年間の債務や返済の状況などが一目瞭然で、当然、債務整理が行われたこともここに載ることになります。

ちなみに、個人信用情報機関には、主に以下の3機関があります。

●CIC(指定信用情報機関:株式会社シー・アイ・シー)⇒http://www.cic.co.jp/
●JICC(株式会社 日本信用情報機構)⇒https://www.jicc.co.jp/
●全国銀行個人信用情報センター(全銀協)⇒https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

これらの信用情報機関に自己破産などの事故情報(俗に言うブラック情報[ブラックリスト])が記載される期間は、任意整理や個人再生の場合はそれぞれ5年間、自己破産に関してはCICとJICCが5年間で全銀協が10年間となっています。(全銀協は国の「官報」に記載される破産者情報も参照するため10年

それぞれの信用情報機関は横のつながりもあり、情報の共有がなされているケースも多いです。全銀協は銀行業務を行う金融機関のみが加盟していますが、銀行が消費者金融を傘下におさめている場合もあるため、信用情報は全てにおいて共有されていると思っておいたほうが無難でしょう。

ブラックリスト登録期間が過ぎればクレジットカードが作れるようになる?

先程書いた情報の登録期間が過ぎれば、信用情報はクリアになります。いわゆる「喪明け」ですね。堂々とクレジットカードも作れる状態になったわけですが、ここで何点か注意すべきことがあります。

債務整理の時に対象となったクレジットカード会社のカード発行は絶望的?!

自己破産等の債務整理を実施した時に、カードを作りたいと思っても、その対象となったカード会社でもクレカ発行や金融機関からの融資・借入は、期待しないほうが良いでしょう。

何故なら、個人信用情報はクリアになっていても、債務整理の対象となったクレジットカード会社が独自に事故情報(ブラックリスト)を保有している可能性が高いからです。何十年も経過しているというのなら分かりませんが、直前の債務整理の情報は間違いなく持っているでしょう。

ただ、それでもあえて、クレジットカードを発行してくれる場合もあるかもしれません。それは、あなたの資産状況や勤め先が超優良な時です。そうでないならば、債務整理で迷惑をかけたクレジットカード会社への申し込みはしないほうが良いでしょう。

信用情報が真っ白だと逆に審査が厳しくなる?

信用情報がクリアになったということは、どことの取引履歴もないということになります。社会人1年生や20代そこそこの若い人ならば、そういうケースがあっても不思議ではありませんが、30代以上の大人がクレジットカードも使っていない、どこの金融機関とも取引していないというのは不自然と思われてしまいます。

つまり、なんらかの金融事故があったのではと勘ぐられてしまい、審査に通ることが困難になってしまうのです。個人投資家などで、莫大な資金を持っているにもかかわらず現金決済で今まで過ごしてきたという人が、1枚もクレジットカードを作れないといった笑えない話もあるほどです。これを「スーパーホワイト」などと呼んだりしています。信用情報の履歴と言うのはそれほど影響力が大きいということです。

クレジットカードの申し込みの連発は辞めておいたほうが良い?

クレジットカードを作りたいがために、焦っていっぺんに何社も申込むというのは得策ではありません。審査を受けて通れば良いですが、落ちてしまうと(上記のようにハッキリ言って喪明けは審査落ちしやすいです)いきなり、審査落ちしたというネガティブな情報が登録されてしまうことになります。

よく言われていることですが、まずは携帯電話の機種の分割払いなどを利用して、信用情報に良い履歴を残すことを優先しましょう。デビットカードなら、ほぼ審査なしで作ることが可能ですから、信用情報の履歴をある程度作るまではこれでしのぎましょう。

債務整理したばかりだけどクレジットカードが作りたい!何か裏技はないの?

債務整理をして「喪明け」もしていないけど、クレジットカードを作りたい!カードが作れる裏技はないかと言われると、必ず作れるといった裏技的なものはハッキリ言ってありません。

ただ、カードが作れる可能性は「ゼロ」なのかといえば、そうとも言いきれないところもあります。もちろん、債務整理の対象となったクレジットカード会社のカードを作るのは無理ですが、そうではない会社のカードなら可能性は残されています。

正直言っていちかばちかの感が否めないですが、利用者の多いクレジットカード(利用者が多いということはそれだけ審査通過した人が多いということ)に申込むという方法です。まさしく「ダメ元」ですが、現在安定収入があるなど属性が悪くなければ幾つかのカード会社で試してみる価値はあるのでは。

もう一つは、「家族カード」を作るという方法です。配偶者などが契約しているクレジットカードに家族カード(追加カード)のシステムがあった場合はこれを利用すれば、ノーリスクでクレジットカードが持てます。

ただし、ここでもまた支払いを遅らせるなどすると、家族に迷惑をかけることになるので、出来ればご自身の経済状況が好転するまでは、クレジットカードを作るのは我慢することをおすすめしたいですね。

デビットカードのほうが健全

自己破産などをした場合、しばらくは現金で決済する暮らしをしたほうが良いと個人的には思うので、クレジットカードは今後所持しないぐらいの心構えを持ったほうが健全です。ただ、このご時世ですから、現金だけで決済をするというのも何かと不便があるでしょう。

ですが、クレジットカードは翌月一括払いじゃないと金利が掛かりますし、支払いを後に出来るという以外のメリットは正直感じられません。金銭感覚も狂いやすいです。現金を持ち歩かないで済む方法は、デビットカードを代表に今ならたくさん選択肢がありますから、こういったものを利用して借金をしない暮らしをしたほうが良いのではないでしょうか。

債務整理に関するクレジットカードのまとめ

債務整理は、あなたのお金に対する考え方を見直す良い機会だと思います。クレジットカードは上手に使えば便利な半面、使い方を誤ると身の破滅を招くと言っても過言ではない、怖いものだという認識も必要です。

これまで書いてきたことをまとめてみます。

●債務整理をすると個人信用情報機関に登録される。登録されている期間は基本的にクレジットカードは作れない。

●登録期間が過ぎればクレジットカードが作れるようになるが審査は厳しめで、債務整理の対象となったカード会社はほぼNG。

●喪明けをしていなくてもクレジットカードを作れる可能性も残されている。でも、あまりおすすめはしない。

●後払いには使えないがデビットカードならクレジットカードの代替手段として有効。