債務整理が車のローンに与える影響とは/車を残したい・マイカーローンを組みたい人必見!

日常生活に、あるいは仕事で使うために自動車が必需品だという方はかなりいらっしゃるでしょう。その車をカーローンで購入したという方も多いと思います。

では、何らかの事情で債務整理をした場合、カーローンを返済している車の扱いはどうするのか?また、債務整理をした後に自動車ローンを組むことは可能なのか?このページではそういったことについて、ご紹介していきます。

債務整理の種類別、自動車ローンと使用中の自動車の取扱いについて

債務整理とクレジットカード」のページでもご説明していますが、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理を行った場合、個人信用情報機関にその情報が登録され、およそ5年間~10年間は新たなローンが組めなくなる可能性が非常に高くなります。

さらには、現在カーローンを支払い途中の自動車についても債務整理後は、担保として引き揚げもしくは売却などの措置がとられることが大半となります。

ですが、それでは生活や仕事のためにどうしても車が必要だと言う方にとっては死活問題ですよね。ですので、ローンを返済中の車でも手元に残す手段はないのか探ってみましょう。

任意整理

任意整理は、整理する対象を選択できるので、車を手放したくなければ整理の対象から外せばOKです。もちろん、残債(残っているローン)は返済を継続しなければなりません。

車のローンを任意整理の対象とした場合は、所有権留保()に従ってカーローンを組んだ会社やカーディーラーによって引き揚げ処分がなされることになります。銀行などでマイカーローンの融資を受けている場合はこの限りではありませんが、担保として引き上げられる可能性は残ります。

所有権留保とは、今回のケースで言うと車ローンの残債がある時はその所有権がローン会社又はカーディーラーに有るということです。つまり、あなたは車の所有者ではなく、使用者という扱いなわけです(車検証にもそのように記載されています)。ローンを完済すれば「所有権解除」の手続きをすることで、車の所有者があなたに移ることになります。

個人再生

個人再生を選ぶと、住宅ローン以外は強制的に整理の対象にされてしまいます。ですが、職業上車がなくては成り立たない(個人タクシーの運転手など)場合は、車の債権者と協議をして「別除権協定」というものを結べば裁判所に認められる可能性があります。

別除権協定を結ぶための前提条件として、車のローンの残債を返済することが必要になるので、債務整理をしようとしている方にとって厳しい条件ですが、個人再生でも車を残せる可能性があるという面では、一筋の光明となるのではないでしょうか。

自己破産

債務の返済全てが免除される自己破産は、すべての資産が整理の対象とされます。所有権留保のある車はもちろんのこと、所有権留保がない車も、引き揚げもしくは売却処分のいずれかの手続きがなされることは原則避けられません。ですが、査定価格が20万円以下である場合に限り車の所持が認められます。

裁判所の判断次第では車の所有が認められることも
原則論では上記のような処分が一般的ですが、裁判所の判断によっては車の所有が認められる場合もあるので、一概に語ることが出来ないのが実情です。やはり、一番良いのは弁護士や司法書士などの専門家に相談することですね。

債務整理の後に車のローンを組む方法はあるのか

債務整理によって車が無くなってしまったという方が新たに車のローンを組んで購入できるかどうかですが、最初に述べたように債務整理の事実が個人信用情報機関に登録されている場合、その間は当事者がローンを組むのはとても難しいのが現状です。

それでも、どうしても車が必要という方は、オーソドックスな方法としてはご家族名義で車を購入することでしょう。債務整理の影響は本人のみとなり家族には及びませんので、ご家族に安定収入が有るなどの条件が整っていれば、自動車購入のローンは問題なく使えるでしょう。

そして、これは変化球ですが、中古車販売店の「自社ローン」を利用するという方法もあります。これは中古車販売店が独自に展開するカーローンで、銀行や信販会社のように個人信用情報を参照しないため、たとえ債務整理直後であっても、あなたに支払いの能力があると判断されれば、その中古車販売店で販売する中古車をローンで購入できるというものです。

ただし、あまり高額なローンは組めない(最高でも100万円前後)ですし、保証人をたてることを要求される場合もあります。また、自社ローンを用意している中古車販売店はあまり多くないということも念頭に置いて下さい。

いずれにしても、債務整理で車をあきらめざるを得なかった方にとっては、車を持てる可能性が残されているので希望を持ちましょう!