個人再生・民事再生の実例 | 借金を減らせた理由とは

個人・民事再生で借金を減らした方の実例集です。

毎月11万円の借金が3万円程度に!個人再生の手数料も分割払いで助かった実例

(20代後半・会社員女性)

私は大学卒業後社会人となった年に初めてクレジットカードを作りました。すぐにクレジットカード便利さにはまってしまい、ほとんど支払いをカードで済ませるようになりました。

主に洋服やバッグなど買い物が中心でしたが、他にエステの支払いや海外旅行など、仕事のストレスを発散するかのようにお金の使い方が荒くなっていたと思います。

ただその頃は自分ではあまりお金を使っている意識はなく、毎月の返済金額が一定であるリボルビング払いを選択していたので、どうにか支払っていけるだろうと甘い認識でした。

1枚だったカードの枚数も4枚に増え、キャッシングも利用していたので、だんだんと感覚も麻痺していたと思います。社会人5年目になる頃には借金総額は430万円。

一人暮らしで家賃の支払いもあり、光熱費や食費、携帯電話代などに加え、毎月約11万の返済はかなり苦しく、返済しては借りるの繰り返しでした。返済も遅れ督促の電話もかかってくるようになってやっと、このままでは生活していけないと気づきました。

弁護士の先生に相談したところ、私のケースだと安定した収入があり、残債も430万円は一般的にみると多額ではないため、裁判所から返済不能と判断されない可能性は低く、したがって自己破産の手続きは難しいとのことでした。そこで勧められ、私が選んだ方法は個人再生でした。

私の場合借金総額が100万円以上500万円未満でしたので最低弁済額は100万円になり、これを3年間毎月3万円程度の返済をしていくかたちになりました。

また裁判所の関連費用は約30万円かかりました。お世話になった弁護士の先生への支払いは約25万円でしたが、こちらは分割後払いで了承をしていただけ、大変助かりました。

450万円の借金で350万円免除された個人再生の実例

(30代前半・会社員女性)

私は30歳の時ある病気を患いました。それまであまり貯金をしていなかったため、治療費は消費者金融から借りる方法を取りました。

定職には就いていますが、治療のために仕事を休んでいた時期もあり、通院費、手術費、薬代、入院代などが積み重なり、1年ほど経ったときには気づけば借金は450万円にまで多額に膨れ上がっていました。

毎月約10万円にも及ぶ返済のため、借り入れを繰り返す状況になっていました。仕事のままならないのに、どんどん利息の負担が増えていく、この先返済を続けていくのは不可能だと思い、弁護士の先生に思い切って相談しました。

私の負債額はある程度多額であるため、任意整理の方法を取るのは少し難しいと説明を受けました。しかし私の場合会社の理解もあり仕事は辞めずに済みました。

そのため一定の収入があるということで、自己破産だけでなく、個人再生の方法も選択できました。私は自己破産には抵抗があったのと、収入から毎月3、4万なら返済に充てることが可能だったので、個人再生を選択することにしました。

その後弁護士の先生とより詳しく打ち合わせを行い、必要資料なども揃え、裁判所へ個人再生の申し立てを行っていただきました。

裁判所より返済計画案は認められ、450万円の負債は100万円まで減額となりました。これを3年間毎月28000円程度を返済すれば、残りの350万円を免除されることになります。

現在も返済中ですが、幸い病気もほぼ完治し、精神的にも借金の不安が解消され安心できたためか体調もよく、毎月の支払いも滞納することなく順調に返済できています。

あと約1年の返済となりますが、今後も体調面に気をつけながら、残りの負債額の返済をきちんと返済し債務を果たしたいと思います。

パチンコでできた借金を個人再生で解決した実例

(40代前半・会社員男性)

私は30代半ばで住宅ローンを組みました。当時は問題なく毎月返済を行っていました。

しかし会社の業績不振のため、ボーナスの額がかなり減ってしまい、その頃から住宅ローンのボーナス払い分の返済が難しくなってしまいました。

それで、持っていたクレジットカードと消費者金融のキャッシングを利用するようになりました。日頃のストレスと借金の返済の充てにもなるだろうと思い、わたしは止めていたパチンコを再び始めてしまいました。案の定パチンコにより借金を増やす結果となってしまいました。

悪いことは続き、会社の業績は上向く兆しはなく、ボーナスだけでなく毎月の収入も下がり、会社はいつ倒産するのか分からない状態でした。

子供の学費がかかる時期とも重なり、返済は一方に苦しくなり、借入の金額が増えていくばかりでした。そこで私は必死で転職活動を行い、早めに就職先を見つけることができました。

しかし膨れ上がった約800万円の借金を返せる目途はとても立ちませんでしたので、債務整理の手段を取ることを考えました。今までローンを支払ってきた住宅は絶対に手放したくない気持ちがありましたので、ネットで調べて自己破産ではなく、住宅を失わずに借金を減額できる個人再生という方法を知り、個人再生を弁護士の先生にお願いすることにしました。

個人再生の場合債務総額によって、借金の減額もことなり、私のケースだと住宅ローンを除いた債務が500万円以上1,500万円未満に該当しますので、借金の5分の1の金額160万円まで減額となりました。

3年間毎月約45000円を支払うかたちでしたので、無理なく借金を清算することができました。弁護士の先生にはもちろん、理解して付いてきてくれた妻にも感謝しています。

個人再生で借金を5分の1の200万円にした実例

(40代前半男性)

Bさんは以前勤務していた会社で年収1200万円というの高給取りでした。家を新築し住宅ローンを払っても十分に裕福な暮らしができましたし、子供2人もたくさんの習い事や塾に通わせていました。

毎日の食事も豪華で外食もしょっちゅうで、海外や国内など家族旅行も頻繁に出かけていたようです。まぁ、年収1200万円もあればおかしい話ではないですよね。

ところが、ある年勤務していた会社の経営悪化で収入は大幅にさがり、それまでのような裕福な暮らしではお金が足りなくなってしまったんですね。

それまでの収入よりは減ってしまったものの、その時点でお金の使い方を収入に見合ったものに変えていれば問題はなかったのですが、Bさん家族はどうしてもそれまでの裕福な生活のレベルを下げることができなかったんです。もちろん家計はどんどん困窮していきました。

Bさんは、会社の業績が元にもどればまた収入もアップするだろうと軽く考えていたのが間違いで、そのうちに貯金もとうとう底をつきてしまったのです。奥様も子供達の塾や習い事を絶対にやめさせたくないと、そのまま続けさせたんです。

そうこうしているうちになんとBさんの会社は倒産し、クレジットカードと銀行のカードーローンも使い果たしてしまったためとうとう消費者金融に手をだし、気づいた時には借金総額が1000万円にまで膨れ上がっていたのです。

なんとか知り合いの会社に再就職することができたものの、借金の額が大きすぎるためとうてい返せる見込みがつかないのです。このままでは一家心中するしかないかもという恐怖に襲われたBさんはいそいでネットで検索し、司法書士に相談することにしたのです。

奥様も働いていたたため、ご主人と奥様の収入を合わせると55万円ほどの手取りがあり、借金の総額を5分の1まで減らせる個人再生が一番適しているとの判断をしました。

収入が比較的多いため、お子様の習い事や外食などの費用など、減らせるところは減らし返済に回せるということで裁判所で無事に個人再生審査が通り、借金を5分の1の200万円にまで減らすことができ、
現在では順調に返済ができているとのことです。

月々13万円の返済を個人再生で月17,000円にできた実例

(35歳女性・OL)

私は一般企業の事務をしている35歳のOLです。28歳を過ぎたころから周りの友達はどんどん結婚していき、恋人もいない私は完全に行き遅れてしまっていました。

実家の両親は早く結婚して孫の顔を見せてくれと言うし、私自身仕事に生きがいを感じているわけでもなく、会社ではお局さん扱いの毎日でした。

男性社員は若い女の子ばかりに優しくし、面倒な仕事は私にやらせるのです。そんな日々に私のストレスは溜まる一方でした。

そんな私のストレス解消法は会社帰りに洋服やバッグ、靴などの一気に買い物をすることでした。

もちろん一般OLの私は月の収入は20万円程度、毎日バッグや靴を買うほどのお金の余裕はなく、少しずつ消費者金融からお金を借りて買い物をしていました。

完全なる買い物依存症になっていたのでしょうね。でも、買い物をしないと精神を保っていられないほど追い詰められていたのです。

そんな生活を続けているうち、あっという間に消費者金融での借金は300万円になり、収入が月20万円なのに対し、月々の返済が13万円という状況に陥っていました。

会社にまで取り立ての電話がかかってくるようになり、自己破産の恐怖を感じた私は誰にも内緒で司法書士の事務所に相談することにしました。

私のような買い物依存症では、商品を購入することによって生じた借金ということになります。このような借金の利息には利息制限法は適用されないのだそうです。

任意整理を選択すれば借金300万円全額を返済しなければいけないとのことで、自己破産も絶対に嫌だった私は個人再生という選択をすすめられました。

相談してから9か月後には、返済の見込みがあり反省もしているということで個人再生計画のが認められ月17,000円の支払いを5年間続けるということになり、ほっと胸をなでおろしました。

また、個人再生計画が認められた後の利息は免除されるというのもありがたい話でした。今では支えてくれる彼もでき、返済が終われば結婚しようと思っています。

50才過ぎの男性が消費者金融から借りたお金を個人再生した実例

(男性・飲食店経営)

安定した生活を送っている人も、なにがきっかけで借金をかかえることになるか分かりません。Eさんもその一人、大学を卒業してからずっと会社勤めで真面目だけが取り柄のような人でした。普通に就職し、普通に結婚して子供もでき、順風満帆の生活だったと思います。

収入も安定していて、お金を借りるといえば住宅のローンぐらいで、消費者金融などというという言葉からは程遠いところにいたんです。

ところが、50歳を過ぎたころ友人の飲食店経営者から、焼き鳥店の店長をやってみないかと誘われたのです。ずっと真面目に過ごしてきた50年、そろそろ少し遊んでみてもいいかもしれない、と思ってしまったのが運のつきでした。

もちろん奥様は反対したようですが、男性は成功することしか思い浮かばず、すぐに会社を辞めてしまったのです。飲食店についての知識も全くなく料理や接客も得意でなかったEさんのお店がすぐに軌道にのるはずがありません。

なんとか売上を伸ばそうと奥様も協力して努力しましたが売上も伸びず、収入もガタ落ちで生活費さえ足りなくなる始末でした。

お子さんの学費などもまだまだ必要な時期でしたので、そのうちに店長をつとめる飲食店の経営が軌道にのるまでの間だけと言い聞かせて消費者金融からお金を借入するようになったのです。

しかしその後も売上は一向に伸びず、店も閉店に追い込まれたためあえなく転職をよぎなくされました。

その後必死に就職活動をして無事に転職することができましたが、以前のような収入を稼ぐことはできず、生活は困窮するばかりでした。

自己破産が妥当だと思われた事例ですが、Eさんは少しでも返済したいという希望をお持ちでした。こういうところにも真面目な性格があらわれていますね。

それならばと現在の家計を大幅に見直しし、奥様も働いて収入を得ることにより返済のめどをたて、個人再生手続きをすることができたので、借金を5分の1まで減らすことができました。

もちろん現在も着実に返済を続けています。

小規模個人再生でマンションを手放さずに済んだDさんの実例

(うつ病による休職で借金が増えてしまった40代男性会社員Dさんの例)

妻と子供二人の4人暮らし。5年前に新築マンションを30年ローンで購入し、順風満帆な日々でした。職種は不動産関係の営業マン。ストレスの多い職場でしたが、後輩からの人望も厚かったDさん、休みもそこそこに日々仕事に邁進しておりました。

しかし2年前、とあるプロジェクトの失敗をきっかけに心身ともに不調をきたすようになってしまいました。長年の無理も祟ったのでしょう、病院でうつ病と診断されました。

住宅ローンも子供達の学費もある…。Dさんは毎朝なんとか出勤しようと試みましたが、どうにもこうにも体が言うことをききません。うつ病での休職を余儀なくされました。

会社から多少の手当はありますが、日々の生活はとても厳しいものとなりました。奥様も働きに出ましたが、月ごとに借金はどんどん増えていき300万円にもなっていました。

その後Dさんは体調を回復して復職したのですが、ストレスの少ない部署に異動になり給料も大幅にダウンしてしまいました。住宅ローンにプラスして休職中の借金の返済…。このままでは家族の生活が立ち行かなくなる、マンションを売却することも考えましたが、まずは専門家に相談してみようと弁護士を訪ねました。

Dさんの負債は住宅ローン2200万円とカードローン300万円。

弁護士にはマンションを手放さなくて済む、住宅資金特別条項付きの小規模個人再生を提案されました。デメリットもありますが、うまくいけば月々の返済額を大幅に減らせるためお願いすることに。

裁判所に申し立てをして、債権者にも返済計画を提出。無事に認可され、住宅ローンと月々3万円弱の支払いを3年間続けることとなりました。

Dさんの言葉。「あのままだったら最悪の事態に陥っていたかもしれない。体調に気をつけながらコツコツがんばります。ありがとうございました。」

ギャンブルで作ってしまった借金を個人再生で助かった実例

(ギャンブルや遊興費で借金が膨らんでしまった29歳男性、Eさんの例)

もともと学生時代からギャンブル好きだったEさん。卒業して就職してからは自由になるお金も増え、ますますギャンブルにのめり込んでいってしまいました。パチンコにパチスロ、競馬、競輪、ボートレース…。ギャンブルと名のつくものはなんでも大好き。休日は競馬場や競輪場、平日も暇さえあればパチンコ屋に入り浸っていました。

もちろん勝つこともありますが、負けることのほうが圧倒的に多かったEさん。給料だけで足りるわけもなく、消費者金融やカード会社から借金をするようになりました。簡単にお金を借りられるとあって、借金はあっという間に増えていきます。

最初の頃は毎月自分の給料で返済できていたものの、そのうちに払いきれない請求が来ることになりました。そうなるとEさんは借金返済のためにまた借金するという生活になり、負の連鎖から抜け出せなくなってしまったのです。

負債総額は約400万円にもなっていて、ひとたび返済が遅れれば一日中取り立ての電話が鳴り続けるという状態です。自分だけではもうどうにもならない…。そう思ったEさんは新聞広告で目にした弁護士事務所の無料相談に助けを求めました。

自己破産になるのかな…。そう漠然と思っていたEさんでしたが、弁護士によるとギャンブル等による借金の場合は自己破産は難しいとのこと。個人民事再生であれば借金が増えた理由は問題ないとすすめられましたので、Eさんはお願いすることにしました。

裁判所への申し立て、裁判官との面接、再生計画案の提出…。時間はかかりましたがスムーズに進みました。最終的に再生計画案が認可されEさんは2万5千円を3年間、約100万円を支払うこととなりました。

Eさんは取り立ての電話の恐怖が忘れられず、もう二度と借金はしないと心に誓いまじめに生活しています。

ショッピングでクレジットカードを使い過ぎ!250万円の借金が約70万円に

(30歳女性・OL)

ストレス解消の買い物が度を越してしまった30歳OL、F子さんの例ですが、F子さんは企業で事務職をしているOLです。大学卒業後に新卒で入社して以来、毎日真面目に仕事をこなしていました。

しかし2年前、新しく上司になった男性がかなり厳しい人で、F子さんは毎日のように怒鳴られたり責められたりするようになりました。

同僚や他の上司は良い人たちばかりだったのでなんとか仕事は続けられましたが、日々ストレスは蓄積していきました。

もともと買い物は好きでしたが、自分の収入の範囲内で楽しむことができていたF子さん。しかし毎日のストレスで自分の中のリミッターが壊れてしまったのでしょう。

「買い物をしている時だけは嫌なことを忘れられる。」そう言って毎月クレジットカードの限度額近くまで買い物をする生活になってしまいました。

当然給料で支払いきれない額の請求がきます。そうなると借金をして返済、その繰り返しでいつのまにか借金は250万円ほどに膨れ上がっていました。

「きっと買い物依存症になってしまっている…」そう心配した友人がまず弁護士を紹介してくれ、F子さんは現状を相談しました。そしてようやく自分の状況がかなり良くないことを自覚しました。

弁護士には個人再生をすすめられました。時間は多少かかるが借金は減らすことができるとのことで依頼することにしました。

また、F子さんはストレスをなくさないことには同じことの繰り返しだと思い、思い切って上司に部署異動を願い出ました。新しい部署でストレスがないとも限りませんが、現状を変えよう!という前向きな気持ちになっていました。

数ヶ月後、無事に個人再生計画が認可され、F子さんは毎月2万円弱を5年間返済していくこととなりました。

「弁護士さんに相談したことで色々な面で前向きになれました。慣れない新しい部署で大変なことも多いですがストレスは感じていません。もう買い物依存症にはなりたくないですね。」F子さんは今でも地道に返済を続けています。