銀行預金との相殺、即時支払い:債務整理の場合

任意整理の銀行預金と相殺

任意整理をする業者のなかに銀行のカードローンなどが含まれている場合、その銀行の自分名義の口座の預金はどうなるのか?

もし、口座凍結、預金没収になってしまったら、光熱費、家賃、保険・・の引き落としができなくなってしまいますよね。もちろんそのほかの用途でその口座を使うことができなくなっても困ってしまいます。

今回は、任意整理するときに相手が銀行の場合、口座凍結、預金封鎖、預金差し押さえなどされるのか?また、カードローン規約でよく出てくる「銀行からの相殺」「即時支払い」について解説しようと思います。

『おすすめ!全国対応』債務整理に強い&費用が安い弁護士・司法書士事務所

銀行からの相殺とは?

銀行のカードローンの規約には、ほぼどの銀行も同じように「銀行からの相殺」という条項が設けられています。

例として分かりやすく書くとこんな感じです。

本契約に基づく債務履行をしなければならなくなった場合、銀行が「貸しているお金、それに対する金利」と、「銀行預金やそれに対する金利」とを債務の期限にかかわらず相殺できるものとする。

こう書かれています。

この条項は、借主に返済できない理由ができた場合、銀行が貸している元金と金利は、借主の銀行預金と金利で相殺することがいつでもできるますよということです。要するに、返せなくなったら銀行預金からその分をいただきますよということです。

従って、その銀行を対象に債務整理をする場合は、口座凍結されて、債務が30万円あって預金が50万円の場合、相殺されて20万円しか口座に残りませんよということです。

さて、次は銀行カードローン規約の「即時支払い」についてみていきます。ここはとても重要です。なぜなら、銀行が即時支払いを借主(債権者)に通告する場合、それはいつなのか?がわかるからです。

カードローンの即時支払いとは

カードローンの規約の中に「即時支払い」という条項があります。

これをよく読むことで、銀行が任意整理をいつ知って口座凍結や預金封鎖をいつするのかそのタイミングがわかります。各行、書かれている規約の内容はほぼ同一です。

即時支払い条項にはたくさんの条件が定められています。その中で任意整理や破産、民事再生にかかわる項目は次のようなものです。

【一例として 】

銀行への支払いの停止や個人再生、自己破産手続きの開始の申し立てがあったとき、又は、銀行へ債務整理をする予定があることが告げられた時、即時支払いをしていただきます。

こんな感じで書かれています。

わかりやすく言うと最初の「銀行への支払いの停止」ですが、これは任意整理を指していると思われ、弁護士が銀行へ借主が任意整理を申し立てるので、銀行との交渉が終わるまで支払いをストップしますと通告した時です。

任意整理の場合は、金利カットや返済期間など銀行との交渉で変更され場合が多く、新たに毎月支払っていく正確な金額が計算し直されるまで支払いはストップされます。

次の「個人再生や自己破産の開始申し立て」ですが、これも任意整理と同じで、弁護士が銀行に対して借り主が個人再生や自己破産手続きをしますよと通告したとき、または、手続きがなされることが予測されるときです。

そうすると銀行はできるだけ損切をするために、即時支払いを用いて借主の銀行預金などと貸し付けているお金を相殺するのです。

任意整理前に銀行預金を下ろすと任意整理を断られる

任意整理をすると銀行の口座が凍結されたり封鎖されたりしては困る!?それなら弁護士が銀行に任意整理の手続き開始を伝える前に全額下ろしてしまえば大丈夫だな!こんなことが頭に浮かびそうです。

でもそれはちょっと待ってくださいねっ。

なぜなら、あなたが銀行預金を全額下ろしたあとに弁護士が任意整理の手続き開始を銀行に伝えた場合、銀行はあなたの口座利用履歴は当然見ることができるので、「この人は、任意整理をするために預金を全額下ろしたな」とすぐにバレてしまい、最悪は任意整理に応じてもらえず窮地に立たされる場合があります。

これらごまかしをしないで任意整理をスムーズに行うには、任意整理先の中から大切な口座がある銀行を除外しておくことです。

任意整理は、その相手先を自由に選んだり除外して交渉することができます。

ウイズユー法律事務所の債務整理費用※ヤミ金即日対応も