ソシャゲ依存で廃課金!大借金して破産!解決法がコレだ!

ソシャゲ依存廃課金で破産

ソシャゲ(スマホゲームのこと)依存で廃課金!

年間数百万円~数千万円をソシャゲームのアイテムやガチャなどに課金して、金融会社からお金を借り過ぎてしまい破産に追い込まれるゲーマーの方が急増中!

ゲームに没頭しているときには自分が借金をしていることを忘れているが、借金をそのままにしておくと身ぐるみ剥がされてソシャゲどころではなくなることも。

今回は、ソシャゲ廃課金で大借金をしてしまった方が破産する場合の方法と、破産の回避方法などを中心に解説していきます。

ソシャゲの廃課金とは?

ソシャゲ廃課金とは?

ソシャゲはソーシャルゲームの略で、そのゲームの中で使う単品アイテムの購入、ガチャ(コンプガチャ)によるレアアイテムをGETするために、スマホ上で実際に大金を課金する行為を言います。

最初は無料で遊べるスマホゲームなのですが、多くのゲームではアイテムを購入しないと強くなれなかったり、対戦で負ける、秘密のカギを手に入れるなどがしにくくなるため、よいアイテムを手に入れるために大金を使う人が急増しているのです。ゲームをするたびにどんどん強いアイテムが欲しくなり、気づいたら数百万円のお金をつぎ込んでいたという事例はゴロゴロあります。これがソシャゲの廃課金です。

もちろん廃課金のお金はソシャゲを提供している会社に支払うものですが、最近では強くなったソシャゲアカウントがオークションで高値で売られており、そのアカウントを有効にするために別のスマホを購入するという人もいて、借金が雪だるま式に増えていってしまいます。

また怖いのは、ソシャゲはスマホがあればダウンロードでき、当初は無料であそべることから、収入のない未成年者が無料と思い込んでどんどんアイテムを購入し、親のところへ百万円を超える請求が来たという例も実際にありました。

※ソシャゲを提供する会社は、アイテム課金に様々なネット上で出来る支払いシステムを用意しているため、未成年者でも支払いが簡単で、ゲームによっては携帯会社の利用料の中に含まれて請求されることもあるので、ソシャゲを頻繁にするお子さんの親御さんは注意が必要です。

廃課金はパチンコやパチスロのギャンブルと同じ

ソシャゲはパチンコやパチスロのギャンブルと違う!という方がいますが、パチンコのようにお見せで直にお金を払うか、ゲーム中にオンラインで決済をするかの違いだけで、射幸心を煽るように作られているという面ではまったく一緒です。

ソシャゲで廃課金に至る理由は、ガチャなどではコンプリート(ある一定条件の成功)しなければ購入しても良いアイテムが手に入らないため、次はいいアイテムが、次こそは・・・と、どんどん課金をしていくようになります。また、実際にお店で現金を支払っているわけではないので、大金を使っているという意識が薄く、気づいたら1日で何万円もつぎ込んでしまっていたという悲惨な状態になります。

これはパチンコ、パチスロの射幸心を煽ってお金を使わせるこことまったく同じで、次こそはフィーバーするのではないか?と、お金を湯水のように流し込んでしまう状態と同じなのですね。

も~この言葉はおなじみだと思いますが、多重債務者です。パチンコやパチスロの軍資金として多数の貸金業者にお金を借りて返せなくなる!そして破産。ソシャゲで廃課金するために複数の貸金業者にお金を借りて返せなくなり破産。使い道は少し違いますが、たどり着く場所は破産という同じルートなんです。

ソシャゲ止める?止められない?

ソシャゲ止められる?

廃課金に至ってしまうソシャゲのアイテム購入、ガチャですが、基本的に先のパチンコと同じでゲーム会社によって、よいアイテムが出る確率などは調整されていることは当たり前です。

課金した全員皆に最上級のアイテムを提供してしまえば、その先ゲームが続かず、ゲーム会社も収入が途絶えることになります。

そうならないためにソシャゲ会社は、良いアイテムより悪いアイテムが出る確率を高くしているのはあたりまえですし、ゲームが終了しないように次なるステージを展開させ、そこで必要なアイテムにまた課金させる!これはだれが考えてもわかりますよね。

でも、ソシャゲに夢中になっている人にはその面白さから、自分が廃課金して破産に近づいていることに気付けません。

ですから、もしやめられるなら、ソシャゲはある程度で止めたほうがよいと思いますし、同じお金を使うなら、もっと自分を磨けることに使ったほうがよいと感じます。

ソシャゲが悪いわけではない!

ソシャゲ課金の借金返済

たとえソシャゲで何千万円も課金しても、ソシャゲが悪いわけではありませんよね。

収入減がしっかりしていて、自分は1ヵ月に100万円課金しても廃課金ではない。生活に使えるお金、貯金も含めて借金など皆無である!

こういう方はまったく問題ありません。

今回問題にしているソシャゲの廃課金とは、毎月の収入よりゲームに課金するお金のほうが多く、その軍資金として貸金業者にお金を借りているという人です。それも何社も借りてしまって毎月の収入では返済が困難になってしまっている人のことです。

さて、国内に数百万にいると言われるソシャゲ依存症の方が破産しなければならなくなったら、あなたならどうしますか?

今回だけは親や親戚にお金を借りて支払うことができる!こんな方はラッキーですが、金貸しから取り立てが来て、しかも返すお金もない、さらに親や親戚も頼れないとなったら、あなたならどうするでしょうか?

その解決策を次にご紹介します。

ソシャゲ依存で廃課金破産なら、債務整理が最もおすすめです

別にソシャゲ廃課金で破産をする人に限ったことではありませんが、今の収入では絶対に返済は無理、いや、今無職になってその収入すら途絶えている!という方がたどり着く唯一の法的救済策は債務整理のみです。

債務整理とは、消費者金融などから借りている金利を0にして元金だけ返済するようにできる任意整理借金の返済額を一定以内に抑え、返済期間を決めて返していく個人再生(自己再生ともいう)、クレジットカードの作成や、新たな借金は数年間できないが、免責で借金をオールチャラにできる自己破産の3種類があります。

もちろんこれらは法的処理なので個人ではハードルが高すぎるため、債務整理専門の弁護士や司法書士に仲介してもらいますが、ソシャゲ依存で廃課金が進み破産するしかないという方には、生活再生、心機一転やり直しをするための強い味方になってくれますよ。

もし、本当に俺はヤバいかも?という方は、債務整理に強い腕利き弁護士をご紹介していますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?相談は無料で受けられます。下のバナーからお入りください。

債務整理全国対応弁護士

ソシャゲの公認YouTuberを夢見て廃課金の実例動画

この方は、いつかソシャゲの公認YouTuberになれると思って、星のドラゴンクエストに年間89万円、モンスターストライクに年間12万円と課金した方の動画です。

たしかにyoutubeは動画の下の広告を閲覧者にクリックしてもらうと広告収入が入りますが、1クリック0.1円とかの収入なので、1円稼ぐには10人の閲覧者にクリックしてもらう必要があります。

ですが、広告はクリック率というものがあって、ほとんどの場合平均で1~3%のクリック率なんですね。ということは、100人閲覧して3人が広告をクリックしてくれた場合、0.1円×3人で0.3円の収入!

3円稼ぐのに1,000回動画を見てもらわなければなりませんよね(※人気動画は1クリック単価が高くなる)。ですからこの方は動画の閲覧回数を増やそうと、アイテムを購入してそのゲームの実況をアップロードしていたが、気づいたら年間百万円の廃課金をしていたということになってしまったんですね。

それに廃課金になりやすい人の特徴なども実体験から伝えてくれています。

・マンガなどの期間限定コラボガチャは、一定期間しかアイテムが手に入らないから廃課金になりやすい。

・ほかのゲームyoutuberに追いつくためにはアイテムが必要!さらに廃課金。

・ソシャゲ公認youtuberは広告収入だけでも年間2,000万円オーバー!さらに射幸心が煽られ廃課金。

・youtuberをリアルの仕事と勘違いして、一生けん命仕事をしていると勘違いする人!はい廃課金。

・大人の現実逃避で廃課金(2次元女子好きと同じで)、現実が嫌いでゲームの世界に入り込む人。

・ガチャ依存。ガチャの結果が自分の人生のすべて→「いまガチャを回せばあのアイテムがでるかも!?」

・電気代も滞納してしまった「電気代を払うお金がガチャの資金に、2万円使う」

・課金でクリア、ボス攻略、課金で新世界が広がる「こんなに強くなった~繰り返される成功体験が」廃課金への道

・「限定ガチャだよ!限定キャラクター追加ガチャだよ!今回のガチャは凄いキャンペーンガチャ」どんどん課金。

・手軽過ぎる課金システム、常に課金したくなる罠

まだまだありましたが、廃課金にいたる内容が凄く詳しく紹介されています。