もう限界、最後の選択!夜逃げと債務整理のどちらを選ぶべきか

夜逃げか債務整理のどちらを選ぶか?

借金がかさんでくると、当然ながら返済がどんどんきつくなります。支払ができずに滞納すると、消費者金融などからしつこく督促が来て、精神的にも追い込まれます。ぎりぎりで返済をしていると、生活費すら足りなくなることも多いです。このようにして限界が来た場合、夜逃げをしようと考えてしまうことがありますが、それ以外にも法的に債務整理をすることもできます。

そこで以下では、借金返済が限界になった場合に夜逃げか債務整理のどちらを選ぶべきか、理由とともにご説明します。

夜逃げしても借金がなくならない

借金返済がどうしてもきつくなって限界に来たとき、借金を踏み倒してしまおうと思って夜逃げする人がいますが、夜逃げをすると、本当に借金を踏み倒すことができるのかが問題になります。

夜逃げとは、借金を返済せずに、引っ越しをしたり勤務先を変えたりして債権者に居場所をわからなくさせることです。夜逃げする場合、電話番号も変えますし、引っ越しをして住民票を移さないことも多いです。

ここで重要なのは、夜逃げをしても借金がなくならないということです。

借金は返済するか債務整理しない限りなくなりません。夜逃げをすると、単に滞納状態がどんどん延びていくだけです。その間、高額な遅延損害金(借金返済を遅延したことにもとづく損害賠償金)がかさみ、むしろ借金額はどんどん増えてしまいます。

借金には時効があると言われますが、時効は裁判を起こすことによって中断できます。時効の成立前に裁判をすると、その裁判の判決が確定したときから10年経たないと時効が完成しませんし、その後の10年間の間に裁判を起こせば、またさらに10年間時効が延びるのです。このようにすれば、永遠に借金の時効を完成させないことができます。実際、消費者金融などは、時効完成の直前に裁判を起こして時効を止めてくることも多いです。

このような問題があるので、夜逃げをしても、借金はなくならず、むしろ滞納期間が長引けば長引くほど金額が増えて、気づけば自分が考えていたよりもはるかに多くの借金を抱えていたということになります。

夜逃げによって借金問題を解決することはできません。

夜逃げをすると、それまでの生活を捨てなければならない

17321484

夜逃げには、もう1つ大きなデメリットがあります。それは、夜逃げをする場合、それまでの生活は捨てなければならないということです。

夜逃げをする場合、消費者金融などの債権者に見つからないようにしないといけません。よって、それまで住んでいた家からは引っ越しすることになりますし、電話番号も変えなければなりません。勤務先が同じだと通常債権者にバレるので、仕事も辞めて別の職を探さねばならないことも多いです。また、住民票を移すとやはり債権者にバレるので、住民票も移せないまま、引っ越し先のアパートなどでひっそりと暮らすことになります。そうなると、今までの仕事より良い仕事に就けることはほとんどなく、収入が減る可能性が高いですし、借金を長期滞納したことによってブラックリスト状態になるので、ローンやクレジットカードなども利用できない生活になります。

さらに、住民票を移せないため、健康保険などの各種の行政サービスを受けることにも支障が発生します。

このように、夜逃げをすると、今までの快適な生活を一切捨てて、ひっそりと暮らすしかなくなりますが、このような生活を一生続けることはほとんど不可能です。

家族がいる場合などには家族にも多大な迷惑をかけてしまうことになりますし、離婚問題にも発展します。

債務整理をすると、借金問題を根本的に解決できる

借金がなくならない夜逃げに対して、債務整理をすると、借金問題を根本的に解決することができます。

債務整理とは、借金問題を解決するための手続きのことで、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類があります。

これらのうち、ケースに応じた適切な手続きを利用すると、たいていの借金問題は解決できます。

たとえば任意整理をすると、債権者との合意後の将来利息の支払いをカットしてもらえて、返済期間も延ばしてもらえるので返済が楽になって、完済まで支払を続けることができるようになりますし、個人再生をすると、借金額が元本ごと大きく減額されます(たとえば500万円の借金が100万円にまで減額されることがあります)。

このようにして減らしてもらった借金だけを返済すれば、借金返済義務はすべて法的に消滅するのです。

また、自己破産をすれば、その手続きだけで借金が完全に0になるので、まったく返済の必要はなくなります。しかも手続きとしては完全に合法なのですから、夜逃げによる不利益を被ることが、ばかばかしくなるほどです。

債務整理をすると、債権者からの督促が止まる

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合には、債権者からの督促が止まります。弁護士などが債務整理に介入した後は、債権者は債務者に直接督促をしてはいけないという法律があるからです。夜逃げをしようという人の場合、債権者からの督促に悩まされていることが多いので、債務整理によって督促がなくなったら、精神的に大変楽になります。

消費者金融などからのしつこい督促がなくなったら、あえて夜逃げなどする必要はないと思う人も多いでしょう。

債務整理をすると、生活を変える必要がない

債務整理をする場合、基本的に今の生活を変える必要はありません。自己破産をすると、財産がなくなるので自宅を失うことなどがありますが、その他の手続きでは一切の財産処分はありません。引っ越しの必要もなく、電話番号を変える必要もなく、生命保険を解約する必要もなく、勤務先を変える必要もありません。もちろん健康保険などの行政サービスも問題なく受けることができますし、子どもも堂々と学校に通うことができます。

債務整理をしても、家族に迷惑をかけることはあまりありません。少なくとも、夜逃げするよりは、迷惑の程度が非常に低くなりますし、離婚に至るケースも少ないです。このことも債務整理の大きなメリットです。

借金問題は夜逃げよりも債務整理で解決すべき!

414181

以上のように、債務整理と夜逃げを比較すると、圧倒的に債務整理の方が借金問題の解決に良いことがわかります。

夜逃げをしても借金はなくなりませんし、ひっそりと隠れて生活しなければならず、それまでの生活をすべて捨てないといけないなど、リスクやデメリットが大きすぎます。これに対して、債務整理なら、借金問題を根本的に解決できる上、これまでの生活を変える必要はなく、家族に迷惑をかけずに済みます。

借金返済ができずに限界まで追い詰められている場合には、夜逃げをするのではなく債務整理で解決しましょう。

債務整理をすると、それまでの悩みが嘘のようにきれいに借金問題が片付くので、とにかく一度、弁護士に相談に行ってみましょう。