【0222117258】知らない電話番号だ?奨学金返還、督促の債権回収会社

債権回収会社電話

022-211-7258という知らない電話番号から電話がかかってきた!?いったいどこの誰だ?オレオレ詐欺や架空請求業者か?そう思いますよね。

でも、0222117258という電話番号は、「日立キャピタル債権回収株式会社(営業許可年月日:平成13年04月24日、法務省許可)」のもので、主に奨学金の返還についての電話です。

債務整理全国対応弁護士

債権回収会社に身に覚えがないが、なんで0222117258から電話があるの?

0222117258の日立キャピタル債権回収株式会社なんて身に覚えがないが、なんで私のところに電話してくるんだろうか?

それは、あなたが日本学生支援機構から借りている奨学金の返済の滞納、または未払いなどが続いているため、あなたの奨学金債権の回収を日本学生支援機構から日立キャピタル債権回収株式会社へ委託されたからです。

パターンは少し異なりますが、わかりやすく説明するとサラ金でお金を借りていた人が返済を滞り、それが繰り返されるためにサラ金が取り立て専門の人に借金の回収を依頼したという思ってもらえばいいです。

奨学金滞納がどのくらい続くと債権回収会社に回されるのか

あなたに0222117258から電話があるということは、日本学生支援機構から奨学金返済の督促を3ヵ月間無視した場合に債権回収会社に奨学金の回収を委託されてしまいます。この3ヵ月間の間には本人への催促はもちろんのこと、保証人になっている人(主に親、兄弟)へ、書面や電話で督促が行われます。

この3ヵ月間を過ぎて、日本学生支援機構から日立キャピタル債権回収株式会社へ債権回収を委託されてしまうと、まず個人信用情報機関にブラックリスト登録され、以後、登録された個人信用情報機関の定める期間(平均5年、最長10年)が経過するまでは、新たな借金(カードローン、住宅ローン、自動車ローン、クレジットカード作成)などはできなくなります。

多くの学生さんの場合、奨学金返済ができない場合には債務整理をすることになります。その時のデメリットについては下記をご参照ください。

≪関連記事≫

債務整理中と後のデメリット|ローン組める?ブラックリスト掲載期間など詳しく

当然、0222117258日立キャピタル債権回収株式会社からも、本人及び保証人へ督促が行われます。

そして、最終的に9ヵ月を過ぎても奨学金の債権回収会社からの督促にも応じないでいると、支払い督促申し立てなどがなされ最悪裁判が行われ、財産の差し押さえになってしまいます。

※支払い督促申し立てとは?

まず、日本学生支援機構から対象者に、「支払いの督促の申し立て予告」が書面で送られ、その予告に対して応じるか応じないかで裁判までいくケースがあります。

支払いの督促の申し立て予告は、柔軟に返済について考えますからお話をしましょうよという案内です。

多くのケースで、奨学金滞納者は日本学生支援機構と和解できて返済の猶予や再分割支払いの相談に応じてくれるので、絶対に0222117258からの電話は無視せずに対応してください。

そうすれば債務整理をしないで済みますよ。

0222117258が奨学金回収詐欺ではないかと不安の方へ

最近は、帰宅すると各家庭の電話着信に見覚えのない電話番号がありますよよね。

それで0222117258も奨学金返還要求の詐欺の電話なのではないの?と思う方がいても自然な流れだと思います。

ですが、0222117258は日立キャピタル債権回収株式会社からのものですから返信も安心して大丈夫です。それでも不安な方は下記公式ホームページで確認しましょう。

http://www.hc-servicer.co.jp/service_8.htm

その他0222117258以外にも、独立行政法人日本学生支援機構(奨学金の返還案内等)の電話は下記のものがあります。

・0120-211-704
・022-211-7258
・0120-211-796
・022-211-7259

日立キャピタル債権回収会社ページ引用画面

もし、他の見知らぬ電話が着信していた場合は、不用意に返信せずに下記「電話帳ナビ」で電話番号を検索すれば会社名やその業務が判別し、利用者の口コミも多数掲載されているので安全か危険な会社かを調べることができます。

⇒電話帳ナビ https://www.telnavi.jp

たとえば0222117258を検索してみると以下のように出ます。

そして独立行政法人日本学生支援機構(奨学金の返還案内)をクリックすると詳細が表示されます。

電話帳ナビ引用画面1

そして下の方にスクロールして移動すると、実際に電話返信した方々の口コミを見ることができます。

電話帳ナビ口コミ引用画面

最終的に奨学金を返済できないと分かったら債務整理が一番ベストな対策

学生さんや、卒業後も奨学金を返してきて、現在返済にゆき詰まっている方は、今後自分が返済を続けられるかどうかはよくわかっているはずです。

そのまま放置すれば元金の返済は元より、金利が膨らんでどうしようもないことになってしまう場合があります。

その時には思い切って債務整理という方法を用いて借金問題を解決することができます。

もし、検討してみようかな?と思われた方は、下記ページに債務整理のいろはをまとめてありますのでご参照ください。

債務整理のいろは|任意整理・個人再生・自己破産とは?-教えてQ&A